スパイラルスライサーが野菜麺作りに大活躍!

野菜入りパスタもいいけれど野菜そのものをパスタ化してみては?

 ヌードルメーカーでは麺の中に野菜を練り込んで「野菜麺」にすることができますが、「もっと安価に野菜を食べたい」「小麦アレルギーだから麺に練り込んだら無意味」「野菜そのものを味わいたい」という方もいらっしゃると思います。
 そんなときに役立つのが「スパイラルスライサー」です。

 

スパイラルスライサーってなに?

 スパイラルスライサーはベジヌードルカッターや、野菜調理器という名前で売られています。野菜をセットし、くるくる回すことで千切り状のものが出てきます
 千切り器との違いは、くるくる回すので長い麺を作ることができること、細めの麺ができること、千切り器には向かないような柔らかめの食材も切れること。
 メインはズッキーニを切って作る「ズードル」ですが、きゅうり、ニンジン、大根、じゃがいも、さつまいも、カボチャ等も麺化することができます。「ベジヌードル」作りに一役買ってくれそうですね!
 また、以下のようなメリットがあります。

・麺を楽しめる
・サラダを楽しめる
・薄くなるので火の通りが早い(スープ、きんぴらなどが手軽に作れる)
・見た目が可愛らしいから子どもも野菜を食べるようになる

 

おすすめのスパイラルスライサーは?

 ベジヌードルが作れるスパイラルスライサーを紹介します。

OXO ベジ ヌードル カッター 野菜カッター

 ベジヌードルが簡単に作れるということで話題のスパイラルスライサーです。
 テーブルタイプとハンディタイプがありますが、一番人気はハンディタイプです。値段も2,500円前後ということで、お試し価格としてはちょうどいいのではないかと思います。
 真ん中は芯状(棒状)になります。固いものは力がいるようですが、評価も高く、試してみるならまずこのスパイラルスライサーがいいのではないでしょうか。

Amazonで購入する 楽天市場で購入する

 

ギフ 野菜 ヌードル スパイラルスライサー

 おすすめ2位はギフのスパイラルスライサーです。こちらはOXOのスパイラルスライサーと同様にハンディですが、横から麺が出てくるのが特徴的です。
 麺としてはやや太めになる傾向があるようです。

Amazonで購入する 楽天市場で購入する

 

回転式野菜調理器Clulu

 おすすめ3位は回転式野菜調理器です。
 こちらはどちらかというと「千切り器」に近く、上記2つとは若干構造が異なります。
 ただし、上から押すようにして切るので、この構造の方が楽に切れるという方も多いのではないかと思います。
 また、薄切りにもできるので、多種多様な使い方をしたいという方には便利です。

Amazonで購入する 楽天市場で購入する