家庭用製麺機(ヌードルメーカー)のコストパフォーマンス

家庭用製麺機(ヌードルメーカー)で作る生麺のコストパフォーマンスは?

 製麺機(ヌードルメーカー)を買おうと思っていらっしゃる方で一番の悩みは「割に合うかどうか」だと思います。
 もちろん、「できたての生麺を食すことができるならプライスレスだ」という方もいらっしゃると思いますが、どうせなら安く、美味しいものを食べたいですよね。
 以下に簡単ではありますが、製麺機(ヌードルメーカー)で作る麺のコストパフォーマンスを計算しました。一般的な作り方を参考にしていますので、実際に作る場合には製麺機(ヌードルメーカー)本体に付属している説明書をご参考にして下さい(製麺機(ヌードルメーカー)によって一度に作ることのできる量や、水の量(固さ)が異なります)。

 

市販品より製麺機(ヌードルメーカー)で作った方が安い

製麺機(ヌードルメーカー)で「うどん」を作った場合のコストパフォーマンス

製麺機(ヌードルメーカー)で「うどん」を作った場合のコストパフォーマンス

【薄力粉】1kg:200円 → 300g:60円
【塩】1kg:300円 → 15g:4.5円
【その他】水 など

 以上が3人分になります。
 3人分で60+4.5円=64.5円ですので、1人分21.5円となります。スーパーの特売3人分100円よりも安いですね。

 

製麺機(ヌードルメーカー)で「ラーメン」を作った場合のコストパフォーマンス

製麺機(ヌードルメーカー)で「ラーメン」を作った場合のコストパフォーマンス

 強力粉でラーメンの麺を作ると、以下のようになります。

【強力粉】2kg:750円 → 500g:188円
【卵】10個入り:200円 → 1個:20円
【かんすい(重曹でも可)】30g:150円 → 2g10円
【その他】水 など

 以上が5人分の材料になります(薄力粉や中力粉で作ったり、卵を使わない場合も有り)。
 5人分で188+20+10円=218円ですので、1人分43.6円、3人分130円になります。スーパーで売られている3人分298円と比べると遥かに安いことが分かります(麺のランクで値段は様々ですが)。

 

製麺機(ヌードルメーカー)で「餃子の皮」を作った場合のコストパフォーマンス

製麺機(ヌードルメーカー)で「餃子の皮」を作った場合のコストパフォーマンス

 製麺機(ヌードルメーカー)によっては、のし(伸ばし)ができるので、餃子の皮を作ることができます。フィリップスの製麺機(ヌードルメーカー)には「皮」で作れるアタッチメントまであります。

【強力粉】2kg:750円 → 50g:18.75円
【薄力粉】1kg:200円 → 50g:10円
【その他】水 など

 以上が約20枚分になります。18.75+10=28.75円なので、激安ですね。

 

製麺機(ヌードルメーカー)で「ラザニアの生地」を作った場合のコストパフォーマンス

製麺機(ヌードルメーカー)で「ラザニアの生地」を作った場合のコストパフォーマンス

 餃子の皮同様、ラザニアの生地も作ることができます。

【強力粉】2kg:750円 → 100g:37.5円
【卵】10個入り:200円 → 1個:20円
【オリーブオイル】1,000ml:1,000円 → 10ml:10円
【その他】塩 など

 以上が2人分になります(デュラムセモリナ粉を使う場合も有り)。
 2人分で37.5+20+10=67.5円ですので、1人分で33.8円です。こちらも激安ですね。

 

市販品と同等程度の価格帯

製麺機(ヌードルメーカー)で「パイ生地」を作った場合のコストパフォーマンス

製麺機(ヌードルメーカー)で「パイ生地」を作った場合のコストパフォーマンス

 バターを使うので、洗えるタイプの製麺機(ヌードルメーカー)がおすすめになりますが、上手く「のし」を使えばパイ生地(パイシート)も作ることができます。

【強力粉】2kg:750円 → 100g:37.5円
【薄力粉】1kg:200円 → 100g:20円
【バター】200g:400円 → 100g:200円
【その他】水 など

 粉よりバターの価格に左右されます。バターを少なめにすれば安くなりますし、実際にバター少なめのレシピもあります。
 37.5+20+200=257円です。これで20cm分のパイシートが作れます。冷凍パイシートと同じくらいの価格帯ですね。

 

製麺機(ヌードルメーカー)で「パスタ」を作った場合のコストパフォーマンス

製麺機(ヌードルメーカー)で「パスタ」を作った場合のコストパフォーマンス

 強力粉でパスタでの麺を作ると、以下のようになります。

【強力粉】2kg:750円 → 200g:75円
【卵】10個入り:200円 → 2個:40円
【オリーブオイル】1,000ml:1,000円 → 15ml:15円
【その他】塩 など

 以上が3人分になります(デュラムセモリナ粉を使ったり、片栗粉を混ぜる場合も有り)。
 3人分で75+40+15=130円ですので、1人分43円、5人前216円になります。スーパーの乾麺5人前と比べるとやや高いという程度だと思います。生麺だとすれば安いですね。
 ちなみにデュラムセモリナ粉の場合、1kg1,000円程度ですので、200g200円となり、3人分で255円(1人分85円)という値段になります。パスタ屋で食べるよりは遥かに安いですが、スーパーの麺と比べると割高です。

 

市販品の方が安くなることがある

製麺機(ヌードルメーカー)で「蕎麦」を作った場合のコストパフォーマンス

製麺機(ヌードルメーカー)で「蕎麦」を作った場合のコストパフォーマンス

【そば粉】1kg:2,000円 → 300g300円
【その他】水 など

 以上が3人分になります(十割蕎麦。中力粉or強力粉の割合で二八蕎麦などになります)。
 1人分100円となります。さすがに蕎麦はお高めですね。